住宅ローン減税

住宅ローン減税を最大限活用するために

住宅ローン減税

 

住宅ローン減税とは、正式名称を「住宅借入金等特別控除」といい、ローンの年末時点の残高の1%分を支払った所得税から還付されるという制度です。

 

所得税から控除しきれない場合には、住民税からも控除を受けられます。

 

この制度は、消費税の引き上げに合わせて平成26年4月から大幅に拡充されました。

 

すなわち、それまでは最大控除額が年20万円までとなっていましたが、年40万円まで引き上げられました。

 

これにより、10年間で最大400万円まで控除を受けられるようになりました。

 

新築や中古物件の購入だけでなく、リフォームでも一定の条件を満たせば住宅ローン減税が受けられます。

 

 

住宅ローン減税を最大限活用するための方法としてよく紹介されているのが、ペアローンもしくは収入合算で住宅ローンを借りるというものです。

 

ペアローンとは、例えば3000万円のローンを組むときに、夫が2000万円、妻が1000万円といったように別々でローンを組む方法です。

 

収入合算とは、夫と妻が連帯して債務を負うようにすることで、妻の年収もローンに組み入れることができる方法です。

 

なお、妻が連帯保証人になるという方法もありますが、連帯保証人では夫しか減税を受けることはできないという点に注意しておきましょう。

 

連帯保証人のメリットはあまりありません。

 

 

ペアローンや収入合算を利用してローンを組むと、妻の収入もローンに組み入れることができるため、借入できる金額も上がるというメリットがあります。

 

しかし、妻が出産や子育てなどの事情で仕事を辞めたとき夫一人に負担がのしかかるというリスクがあることを忘れてはいけません。

 

ペアローンや収入合算を利用するという方法は賢いやり方ですが、その場合でもなるべく夫一人で返済できるだけの金額に抑えておくことが無難です。