親子ペアローン

住宅ローンは親子ペアローンも参考に

親子の画像

 

経済情勢の変化のスピードの速さに金融機関も柔軟に対応する方針を次々に打ち出しています。

 

こと定番といわれている住宅ローンについて、知らずに担当者に任せたままにするよりも、お得な情報には常に敏感である事が大切です。

 

住宅ローンの利率は、大きく分けて市場の変動に左右される変動型と固定金利の2種類がある事は周知の話です。

 

しかし、その他にも利率の面で通常のローン商品よりも有利な利率のものが用意されている事は、ぜひ知っておくべきです。

 

普通の場合、住宅ローンには対象者の年齢制限と所得の基準があり、それに該当しないと対象外となってしまいます。

 

しかし、ローンを組む人が親子2世代にわたっている場合、この制限がゆるくなることがあります。

 

これが親子ペアローンです。

 

 

多くの親子ペアローンでは、収入金額を合算で計算するので、通常なら該当しない収入金額の人でも合計額で対象となり、選択肢が広がる利点があります。

 

その目的としては、将来の事を考えて二世帯が同じ敷地内に住んだり、二世帯住宅として広い家を持ちたい場合に、親子ペアローンは借入限度額を増額できる方法として有効な選択肢となります。

 

親と子がお互いに単独で債務者という事なので、ローンの組み方に余裕も生まれるのが理由です。

 

注意する所としては、親は子の、子は親の連帯保証人となるので、お互いが返済不能となった場合にリスクが生じる事も理解しておく事です。

 

しかし、ペアローンのメリットとしては、2区分として住宅を分けて申告できる要件を満たせば、固定資産税がそれぞれに対して減額できます。

 

ローン負担により物件の共有が可能になったり、賃貸に転換できるのも魅力です。

 

金融機関によっては特典を設けているローン商品もあるので、最新情報をチェックして契約します。