住宅ローン 審査

住宅ローン審査

 

住宅ローンの審査というのは総合的に判断されます。

 

例えば、どんなに収入が高くても購入する不動産の担保価値に何か問題があれば借り入れをできませんし、担保価値に問題が無くても収入が無ければチェックが厳しくなります。

 

では審査項目のうち個人に関する項目についてはどのような点があるでしょうか。

 

 

1,個人情報について

まず個人の信用情報があります。

 

通常信用情報というのはクレジットカードを使ったり、借り入れをした場合にその記録が個人の信用情報として登録されます。

 

銀行側では、住宅ローンの申し込みがあった場合はこの信用情報を確認します。

 

もし過去5年以内にお金を返すのが遅れてしまった場合はその記録も信用情報に残っています。

 

もし返済の延滞情報が残っている場合は融資が難しくなります。

 

また逆に借り入れがあるからと言って審査に通らないということはありませんが、どの程度借り入れているかによって実際に融資してもらえる金額が変わります。

 

このため、借り入れはなるべく返済しておくと安心です。

 

なおクレジットカードのキャッシング枠を借入金と判断される場合があるので普段使わないクレジットカードは念のため解約しておいた方が良いでしょう。

 

 

2,勤続年数について

次に勤続年数もチェックされます。

 

一般的には3年以上を基準にしています。

 

ただし勤続年数が短い場合でも同じ業種内での転職で、なおかつキャリアアップを目的としたものであれば問題ない場合があるので一応相談してみると良いでしょう。